Play button

272 - 337

コンスタンティヌス大帝



コンスタンティヌス朝とヴァレンティヌス朝の下でのビザンチウムは、コンスタンティヌス大帝とその後継者によるローマ帝国内で西のローマから東のコンスタンティノープルへ政権が移行したビザンツの歴史の最も初期の時代でした。コンスタンティノープルは、正式にはノヴァ ローマと呼ばれ、ビザンチウムの都市に設立されました。これが、単に「ローマ帝国」を自認していた東帝国の歴史上の名前の由来となっています。
HistoryMaps Shop

ショップを訪問

272 - 313
幼少期と権力の台頭ornament
プロローグ
©Jean Claude Golvin
272 Feb 27

プロローグ

İzmit, Kocaeli, Turkey
フラウィウス・ヴァレリウス・コンスタンティヌスは、元々の名前どおり、2月27日にモエシアのダルダニア県の一部であるナイッソス市(現在のセルビアのニシュ)で、おそらく1980年頃生まれました。AD 272。彼の父親はフラウィウス・コンスタンティウスで、ダキア・リペンシスで生まれ、モエシア州の出身でした。ディオクレティアヌス帝は、西暦 293 年に帝国を再び分割し、東西のさらに細分化された地域を統治する 2 人のカエサル (中皇帝) を任命しました。それぞれがそれぞれのアウグストゥス(上級皇帝)に従属しますが、割り当てられた土地では最高の権威をもって行動します。この制度は後に四分領制と呼ばれることになります。コンスタンティヌスはディオクレティアヌス帝の宮廷に赴き、そこで父親の推定相続人として暮らしました。コンスタンティヌスはディオクレティアヌス帝の宮廷で正式な教育を受け、そこでラテン文学、ギリシャ語、哲学を学びました。
大迫害
キリスト教殉教者の最後の祈り、ジャン=レオン・ジェローム作(1883年) ©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
303 Jan 1

大迫害

Rome, Metropolitan City of Rom
ディオクレティアヌス大迫害または大迫害は、ローマ帝国におけるキリスト教徒に対する最後かつ最も厳しい迫害でした。303 年、ディオクレティアヌス帝、マクシミアヌス帝、ガレリウス帝、コンスタンティウス帝は、キリスト教徒の法的権利を剥奪し、伝統的な宗教慣行に従うよう要求する一連の布告を出しました。その後の布告は聖職者を対象とし、普遍的な犠牲を要求し、すべての住民に神への犠牲を命じた。迫害の強さは帝国全体で異なり、最初の布告のみが適用されたガリアとブリテン島で最も弱く、東部の州で最も強かった。迫害法はさまざまな皇帝によってさまざまな時期に無効化されたが(311年のセルディカ勅令によるガレリウス)、コンスタンティヌスとリキニウスのミラノ勅令(313年)が伝統的に迫害の終焉を告げてきた。
西へ逃げる
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
305 Apr 1

西へ逃げる

Boulogne, France
コンスタンティヌスは、事実上の人質としてガレリウスの法廷に留まることが暗黙の危険であることを認識していた。彼のキャリアは西部にいる父親に救出されたことにかかっていた。コンスタンティウスはすぐに介入した。西暦 305 年の晩春か初夏、コンスタンティウスは息子が英国での選挙活動を手伝うために休暇を申請しました。長い夜酒を飲んだ後、ガレリウスはその要求を受け入れた。コンスタンティノスの後のプロパガンダには、ガレリウスが気が変わる前に夜に法廷から逃走した様子が描かれている。彼はポストハウスからポストハウスまで高速で走り、後続のすべての馬にハムストリングを施した。翌朝ガレリウスが目覚めた時には、コンスタンティヌスは捕らえられないほど遠くに逃げていた。コンスタンティヌスは、西暦 305 年の夏前に、ガリアのボノニア (ブローニュ) で父親と合流しました。
英国でのキャンペーン
©Angus McBride
305 Dec 1

英国でのキャンペーン

York, UK
ボニアから彼らは海峡を渡りイギリスに向かい、 ブリタニア・セクンダ州の州都で大規模な軍事基地のあるエボラクム(ヨーク)に向かった。コンスタンティノスは、夏と秋にハドリアヌスの長城を越えてピクト人に対して遠征し、父親の側で英国北部で1年間を過ごすことができた。コンスタンティウスの遠征は、それ以前のセプティミウス・セウェルスの遠征と同様に、おそらく大きな成功を収めることなくはるか北に進出した。
コンスタンティヌスがカエサルになる
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
306 Jul 25

コンスタンティヌスがカエサルになる

York, UK
ガレリウスから逃亡した後、コンスタンティンは父親とともにイギリス遠征に参加する。しかし、彼の父親は遠征中に病気になり、306年7月25日に亡くなりました。彼はコンスタンティヌスを後継者にアウグストゥスに指名し、ガリアとイギリスは彼の統治を支持しましたが、征服されたばかりのイベリア半島はそうではありませんでした。ガレリウスはその知らせに激怒したが、妥協せざるを得ず、彼にカエサルの称号を与えた。コンスタンティンは自分の主張を固めることを受け入れます。彼はブリテン島、ガリア、スペインの支配を認められた。
ガリア
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
306 Aug 1

ガリア

Trier, Germany
コンスタンティヌス帝の帝国の領土はイギリス、ガリア、スペインで構成され、重要なライン辺境に沿って駐屯するローマ最大の軍隊の一つを指揮した。彼は皇帝に昇進した後も英国に留まり、ピクト人の部族を追い返し、北西部の教区での支配を確保した。彼は父親の統治下で始まった軍事基地の再建を完了し、地域の道路の修復を命じた。その後、彼は北西ローマ帝国の四分領制の首都であるガリアのアウグスタ・トレヴェロルム(トリーア)に向けて出発しました。フランク人はコンスタンティヌスの称賛を知り、西暦 306 年から 307 年の冬にかけてライン下流を越えてガリアに侵攻しました。彼は彼らをライン川の向こうに追い返し、アスカリック王とメロガイス王を捕らえました。その後に行われたアドベントゥス(到着)祝賀会では、王とその兵士たちはトリーアの円形闘技場で獣の餌を与えられた。
マクセンティウスの反乱
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
306 Oct 28

マクセンティウスの反乱

Italy
ガレリウスがコンスタンティヌスをカエサルとして認めた後、慣習に従ってコンスタンティヌスの肖像画がローマに持ち込まれた。マクセンティウスは肖像画の主題を娼婦の息子と嘲笑し、自分の無力さを嘆いた。マクセンティウスはコンスタンティヌス帝の権威を妬み、西暦 306 年 10 月 28 日に皇帝の称号を奪取しました。ガレリウスは彼を認めることを拒否しましたが、その座を奪うことはできませんでした。ガレリウスはマクセンティウスに対してセウェルスを派遣したが、遠征中にそれまでマクセンティウスの父マクシミアヌスが指揮していたセウェルスの軍隊が離反し、セウェルスは捕らえられ投獄された。マクシミアヌス帝は、息子の反乱によって隠居生活から抜け出し、西暦 307 年後半にコンスタンティヌス帝と協議するためにガリアへ出発しました。マクシミアヌス帝は、娘のファウスタをコンスタンティヌス帝に結婚させ、アウグスタン位に昇格させることを申し出ました。その見返りに、コンスタンティヌスはマクシミアヌスとコンスタンティウスの間の古い家族同盟を再確認し、イタリアにおけるマクセンティウスの大義への支援を申し出る予定だった。コンスタンティヌスは西暦 307 年の夏の終わりにトリーアでファウスタを受け入れて結婚しました。コンスタンティヌスはマクセンティウスにわずかな支援を与え、マクセンティウスに政治的承認を申し出ました。
マクシミアンの反乱
©Angus McBride
310 Jan 1

マクシミアンの反乱

Marseille, France
西暦 310 年、コンスタンティヌスがフランク人に対する遠征に出ていた間に、財産を剥奪されたマクシミアヌスがコンスタンティヌスに対して反乱を起こしました。マクシミアヌスは、ガリア南部でのマクセンティウスによる攻撃に備えて、コンスタンティノス軍の分遣隊とともに南のアルルに派遣されていた。彼はコンスタンティヌスが死んだことを発表し、帝国の紫を手に取りました。コンスタンティヌス帝を皇帝として支持する者には多額の寄付を約束したにもかかわらず、コンスタンティヌス帝の軍隊のほとんどは皇帝に忠実であり続け、マクシミアヌス帝は間もなく撤退を余儀なくされた。コンスタンティノスはすぐに反乱のことを聞き、フランク軍に対する遠征を放棄し、軍隊をライン川に進軍させた。カビリュヌム(シャロン・シュル・ソーヌ)で、彼は軍隊を待機中のボートに移し、ソーヌ川の遅い水流からローヌ川の速い水流まで漕ぎ下りた。彼はルグドゥヌム(リヨン)で下船した。マクシミアンはアルルよりも長期の包囲に耐えることができる町、マッシリア(マルセイユ)に逃げた。しかし、忠実な国民がコンスタンティノスの裏門を開いたので、それはほとんど違いはありませんでした。マクシミアンは捕らえられ、その罪で叱責されました。コンスタンティヌスはある程度の寛大さを与えたが、彼の自殺を強く勧めた。西暦 310 年 7 月、マクシミアンは首を吊って自殺しました。
キリスト教徒迫害の終焉
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
311 Jan 1

キリスト教徒迫害の終焉

İzmit, Kocaeli, Turkey
ガレリウスは 311 年に病に倒れ、権力を握った最後の行為として、キリスト教徒に信教の自由を回復する書簡を送りました。しかし、その後すぐに亡くなってしまいます。これによりコンスタンティヌスとマクセンティウスの間で戦争が始まり、マクセンティウスはローマに立てこもります。
マクセンティウスが宣戦布告
内戦 ©JohnnyShumate
311 Jan 2

マクセンティウスが宣戦布告

Rome, Metropolitan City of Rom
マクシミヌスはリキニウスに対して動員し、小アジアを占領した。ボスポラス海峡の真ん中の船上で、急遽和平が調印された。コンスタンティヌスがブリテン島とガリアを視察している間、マクセンティウスは戦争の準備をした。彼は北イタリアを強化し、新しいローマ司教エウセビオスの選出を許可することでキリスト教共同体での支持を強化した。それでもマクセンティウスの統治は不安定であった。彼の初期の支持は、税率の引き上げと貿易の低迷をきっかけに解消された。ローマとカルタゴで暴動が勃発した。西暦 311 年の夏、リキニウスが東方の事で忙しくしている間に、マクセンティウスはコンスタンティヌスに対して動員しました。彼はコンスタンティノスに宣戦布告し、父親の「殺人」の復讐を誓った。マクセンティウスがリキニウスと同盟を結ぶのを防ぐため、コンスタンティヌスは西暦 311 年から 312 年の冬にかけてリキニウスと独自の同盟を結び、妹のコンスタンティアとの結婚を申し出た。マクシミヌスはコンスタンティヌスとリキニウスの取り決めは彼の権威に対する侮辱であると考えた。これに応じて、彼はローマに大使を派遣し、軍事支援と引き換えにマクセンティウスに政治的承認を申し出た。マクセンティウスは受け入れた。エウセビオスによれば、地域間の移動は不可能となり、いたるところで軍事力が増強されていたという。
トリノの戦い
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
312 Jan 1

トリノの戦い

Turin, Metropolitan City of Tu
重要な都市アウグスタ・タウリノルム(イタリア、トリノ)の西に近づくところで、コンスタンティヌスは重武装したマクセンティア騎兵の大部隊と遭遇した。その後の戦いで、コンスタンティヌス帝の軍隊はマクセンティウスの騎兵隊を包囲し、自らの騎兵隊で側面を固め、兵士たちの鉄の先のこん棒による打撃で彼らを下馬させた。コンスタンティノスの軍隊は勝利を収めました。トリノはマクセンティウスの退却軍に避難を与えることを拒否し、代わりにコンスタンティヌスに門を開いた。北イタリア平原の他の都市もコンスタンティノスの大使館に彼の勝利を祝うメッセージを送った。彼はミラノに移動し、そこで門が開かれ、歓喜に満ちた人々に会いました。コンスタンティヌスは西暦 312 年の真夏までミラノで軍隊を休ませ、その後ブリクシア (ブレシア) に移動しました。コンスタンティヌスは戦いに勝利し、その後の彼の軍歴を特徴付ける戦術的スキルの初期の例を示しました。
ローマへの道
ローマへの道 ©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
312 Jan 8

ローマへの道

Verona, VR, Italy
ブレシア軍は容易に分散され、コンスタンティヌス帝はすぐにマクセンティア軍の大軍が駐屯しているヴェローナに進軍した。ヴェロネーゼ軍の将軍であり、マクセンティウスの親衛長官でもあったルリキウス・ポンペイアヌスは、町の三方をアディジェ川に囲まれていたため、強力な防御陣地にあった。コンスタンティノスは気づかれないように川を渡ろうと、小規模な部隊を町の北に送った。ルリキウスはコンスタンティノスの遠征軍に対抗するために大規模な分遣隊を送ったが敗北した。コンスタンティノスの軍隊は町を包囲し包囲することに成功した。ルリキウスはコンスタンティヌスに失言を与え、コンスタンティヌスに対抗するためにより大きな軍隊を率いて戻ってきた。コンスタンティノスは包囲を緩めることを拒否し、対抗するために少数の兵力だけを送った。その後の必死の戦闘でルリシウスは殺され、彼の軍隊は壊滅した。その後すぐにヴェローナが降伏し、アクイレイア、ムティナ(モデナ)、ラヴェンナが続いた。コンスタンティヌスにとってローマへの道は大きく開かれました。
Play button
312 Oct 28

ミルヴィアン橋の戦い

Ponte Milvio, Ponte Milvio, Ro
ミルウィウス橋の戦いは、312 年 10 月 28 日にローマ皇帝コンスタンティヌス 1 世とマクセンティウスの間で起こりました。その名前は、テベレ川を渡る重要なルートであるミルウィウス橋に由来しています。コンスタンティヌスは戦いに勝利し、四分領制を終わらせてローマ帝国の唯一の統治者となる道を歩み始めました。マクセンティウスは戦闘中にテヴェレ川で溺死した。彼の遺体は後に川から引き上げられて首を切り取られ、彼の首は戦いの翌日にローマの街中を練り歩き、その後アフリカに運ばれました。カイサリアのエウセビオスやラクタンティウスなどの年代記作家によると、この戦いはコンスタンティヌスのキリスト教への改宗の始まりとなった。カイサリアのエウセビオスは、コンスタンティヌスとその兵士たちがキリスト教の神から送られた幻を見たと語っています。これは、ギリシャ語でキリストの名前の最初の2文字であるチ・ローのしるしが兵士の盾に描かれていれば勝利が約束されると解釈された。勝利を祝って建てられたコンスタンティヌスの凱旋門は、コンスタンティヌス帝の成功が神の介入によるものであることは確かです。ただし、この記念碑にはあからさまにキリスト教の象徴性は示されていません。
ソリダス導入
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
312 Dec 1

ソリダス導入

Rome, Metropolitan City of Rom
ソリダスは、紀元前にコンスタンティヌス大帝によって導入されました。AD 312 に作られ、比較的堅い金で構成されていました。コンスタンティノスのソリダスは、金 1 ローマ ポンド (約 326.6 g) に対して 72 の割合で鋳造されました。各コインの重さは 24 グレコローマン カラット (各 189 mg)、つまりコイン 1 枚あたり約 4.5 グラムの金でした。この時までにソリダスは275,000デナリの価値がどんどん下がっていて、各デナリオンには3世紀半前の銀の量のわずか5%(つまり20分の1)しか含まれていませんでした。コンスタンティヌス大帝と奇妙な簒奪者の初期の発行物を除き、今日のソリドゥスは、古いアウレウス、特にヴァレンス、ホノリウス、そしてその後のビザンチン発行のものと比較して、はるかに手頃な価格で収集できるローマ金貨です。
313 - 324
キリスト教と宗教改革ornament
ミラノ勅令
ミラノ勅令 ©Angus McBride
313 Feb 1

ミラノ勅令

Milan, Italy
ミラノ勅令は、ローマ帝国内でキリスト教徒を慈悲深く扱うための西暦 313 年 2 月の合意でした。西ローマ皇帝コンスタンティヌス1世とバルカン半島を支配していたリキニウス皇帝はメディオラヌム(現在のミラノ)で会談し、とりわけ2年前にセルディカでガレリウス皇帝が発布した寛容の勅令を受けてキリスト教徒に対する政策を変更することで合意した。ミラノ勅令はキリスト教に法的地位と迫害の猶予を与えたが、ローマ帝国の国教会とはしなかった。
リキニウスとの戦争
リキニウスとの戦争 ©Radu Oltean
314 Jan 1

リキニウスとの戦争

Bosporus, Turkey
その後の数年間で、コンスタンティヌスは崩壊しつつある四分領制におけるライバルたちに対する軍事的優位性を徐々に固めていった。313年、彼はリキニウスとコンスタンティノスの異母妹コンスタンシアの結婚により同盟を確保するため、ミラノでリキニウスと会談した。この会議中に、皇帝はいわゆるミラノ勅令に同意し、 キリスト教と帝国内のすべての宗教に対する完全な寛容を正式に認めました。しかし、ライバルのマクシミヌスがボスポラス海峡を越えてヨーロッパ領土に侵入したという知らせがリキニウスに届いたため、会議は短縮された。リキニウスは出発し、最終的にマクシミヌスを破り、ローマ帝国の東半分全体を支配下に収めました。コンスタンティヌスがリキニウスがカエサルの位に昇格させようとしていた人物の手による暗殺未遂に遭ったため、残った二人の皇帝の関係は悪化した。リキニウスは、エモナにあるコンスタンティヌスの彫像を破壊させた。
シバラエの戦い
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
316 Jan 1

シバラエの戦い

Vinkovci, Croatia
シバラエの戦いは、316 年にコンスタンティヌス 1 世 (在位 306 ~ 337 年) とリキニウス (在位 308 ~ 324 年) の二人のローマ皇帝の間で戦われました。戦いの場所は、ローマのパンノニア・セクンダ州チバラエ(現在のクロアチア、ヴィンコヴツィ)の町近くで、リキニウスの領土内約350キロメートルにあった。コンスタンティヌスは多勢に無勢であったにもかかわらず大勝利を収めた。
マルディアの戦い
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
317 Jan 1

マルディアの戦い

Harmanli, Bulgaria

キャンパス・マルディエンシスの戦いまたはキャンパス・アルディエンシスの戦いとしても知られるマルディアの戦いは、316 年末から 317 年初めにかけて、ローマ皇帝コンスタンティノス 1 世とリキニウスの軍の間で、トラキアの現在のハルマンリ (ブルガリア) で戦われた可能性が最も高くなります。

アドリアーノープルの戦い
アドリアーノープルの戦い ©Angus McBride
324 Jul 3

アドリアーノープルの戦い

Edirne, Turkey
アドリアーノープルの戦いは、ローマ内戦中の 324 年 7 月 3 日に行われ、コンスタンティヌス 1 世とリキニウスの 2 人の皇帝の間で行われた 2 回目の戦いです。リキニウスは完全に敗北し、その結果彼の軍は多大な死傷者を出した。コンスタンティヌスは軍事的勢いを高め、陸海でのさらなる戦いに勝利し、最終的にクリソポリスでのリキニウスの最終的な敗北につながりました。326 年、コンスタンティヌスはローマ帝国の唯一の皇帝になりました。
ヘレスポントスの戦い
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
324 Jul 4

ヘレスポントスの戦い

Dardanelles Strait, Turkey
ヘレスポント海戦は 2 つの別々の海戦で構成され、324 年にコンスタンティヌス 1 世の長男クリスプスが率いるコンスタンティノス艦隊との間で戦われました。そしてリキニウスの提督アバントゥス(またはアマンドゥス)指揮下のより大きな艦隊。数で劣勢だったにも関わらず、クリスパスは完全な勝利を収めた。
Play button
324 Sep 18

クリュソポリスの戦い

Kadıköy/İstanbul, Turkey
クリュソポリスの戦いは、324 年 9 月 18 日にカルケドン (現在のカドゥキョイ) 近くのクリソポリス (現在のウスキュダル) で、二人のローマ皇帝コンスタンティヌス 1 世とリキニウスの間で行われました。この戦いは二人の皇帝の最後の出会いとなった。ヘレスポント海戦で海軍が敗北した後、リキニウスはビザンチウム市からボスポラス海峡を越えてビテュニアのカルケドンまで軍隊を撤退させた。コンスタンティヌスもこれに続き、その後の戦いで勝利を収めた。これによりコンスタンティヌスが唯一の皇帝となり、四分領制の時代は終焉を迎えた。
第一回ニカイア公会議
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
325 May 1

第一回ニカイア公会議

İznik, Bursa, Turkey
第一ニカイア公会議は、西暦 325 年にローマ皇帝コンスタンティヌス 1 世によってビテュニアの都市ニカイア (現在のトルコのイズニク) で召集されたキリスト教司教の評議会でした。このエキュメニカルな評議会は、集会を通じて教会内で合意を達成するための最初の取り組みでした。全キリスト教世界を代表する。コルドゥバのホシウスがその審議を主宰した可能性がある。その主な成果は、御子神の神性と父なる神との関係に関するキリスト論的問題の解決、ニカイア信条の最初の部分の構築、復活祭の日付の統一遵守の義務付け、および初期正典の公布であった。法。
聖墳墓教会が建設されました
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
326 Jan 1

聖墳墓教会が建設されました

Church of the Holy Sepulchre,
312 年に空に十字架の幻影を見たと言われているコンスタンティヌス大帝はキリスト教に改宗し、宗教を合法化するミラノ勅令に署名し、母ヘレナをキリストの墓を探すためにエルサレムに送りました。カイサリア司教エウセビオスとエルサレム司教マカリウスの協力により、墓の近くで3つの十字架が発見され、ローマ人はカルバリを発見したと信じました。コンスタンティヌスは 326 年頃に、木星/ヴィーナスの神殿を教会に置き換えるよう命令しました。神殿が取り壊され、その遺跡が撤去された後、洞窟から土が取り除かれると、岩を削った墓が現れ、ヘレナとマカリウスはそれをイエスの埋葬地であると特定した。岩墓の壁を囲むように神社が建てられました。
330 - 337
コンスタンティノープルと最後の年ornament
コンスタンティノープルの建国
©Image Attribution forthcoming. Image belongs to the respective owner(s).
330 Jan 1 00:01

コンスタンティノープルの建国

İstanbul, Turkey
コンスタンティヌス1世は、新首都を選ぶにあたり、帝国の重心が遠隔地で過疎化した西部から東部の豊かな都市へ移行していること、そして野蛮な遠征からドナウ川を守り、敵対的なペルシャからアジアを守ることが軍事戦略上重要であることを認識していた。黒海と地中海の間の船舶交通を監視することもできます。しかし最終的には、コンスタンティヌス帝はギリシャの都市ビザンティウムに取り組むことを決定しました。この都市には、前世紀にセプティミウス・セウェルスとカラカラによってすでにその戦略的重要性を認識していたローマの都市計画に基づいて大規模に再構築されていたという利点がありました。こうして都市は 324 年に設立され、330 年 5 月 11 日に奉献され、コンスタンティノポリスと改名されました。
コンスタンティヌス帝の死
コンスタンティヌス大帝の死 ©Peter Paul Rubens
337 May 22

コンスタンティヌス帝の死

İstanbul, Turkey

帝国を強固にし、政治的、経済的改革を導入した後、コンスタンティヌスは 337 年 5 月 22 日に亡くなる直前についにキリスト教の洗礼を受けました。コンスタンティヌスはコンスタンティノープルの聖使徒教会に埋葬され、ファウスタの息子コンスタンティヌス 2 世が跡を継ぎました。


338 Jan 1

エピローグ

İstanbul, Turkey
コンスタンティヌスは一人の皇帝の下で帝国を再統一し、306年から308年にはフランク人とアラマン人、313年から314年には再びフランク人、332年にはゴート人、334年にはサルマティア人に対して大勝利を収めた。336年までに彼は大部分の領土を再占領した。 271年にアウレリアヌスが放棄を余儀なくされた、長らく失われたダキア州。文化の分野では、コンスタンティヌス帝は、もともとスキピオ・アフリカヌスによってローマ人に導入され、ハドリアヌス帝によってひげをたくわえるように変化した、初期の皇帝のきれいに剃った顔のファッションを復活させました。この新しいローマ帝国のファッションはフォカスの治世まで続きました。神聖ローマ帝国はコンスタンティヌスをその伝統の尊敬すべき人物の一人とみなした。後期ビザンチン国家では、皇帝が「新しいコンスタンティヌス」と称賛されることは大きな名誉となった。東ローマ帝国最後の皇帝を含め、10人の皇帝がその名を冠しました。カール大帝は宮廷で記念碑的なコンスタンティヌスの形式を使用して、自分がコンスタンティヌスの後継者であり同等であることを示唆しました。コンスタンティヌスは異教徒に対する戦士として神話上の役割を獲得しました。彼の聖人としての歓迎は、6世紀後半から7世紀にかけての サーサーン朝ペルシア人やイスラム教徒との戦争中にビザンチン帝国内に広まったようである。ロマネスク様式の騎馬像、つまり勝利を収めたローマ皇帝の姿勢をとった騎馬像のモチーフは、地元の後援者を讃える彫像の視覚的な比喩となりました。「コンスタンティヌス」という名前自体は、11 世紀から 12 世紀にかけてフランス西部で再び人気を博しました。

Characters



Galerius

Galerius

Roman Emperor

Licinius

Licinius

Roman Emperor

Maxentius

Maxentius

Roman Emperor

Diocletian

Diocletian

Roman Emperor

Maximian

Maximian

Roman Emperor

References



  • Alföldi, Andrew.;The Conversion of Constantine and Pagan Rome. Translated by Harold Mattingly. Oxford: Clarendon Press, 1948.
  • Anderson, Perry.;Passages from Antiquity to Feudalism. London: Verso, 1981 [1974].;ISBN;0-86091-709-6
  • Arjava, Antii.;Women and Law in Late Antiquity. Oxford: Oxford University Press, 1996.;ISBN;0-19-815233-7
  • Armstrong, Gregory T. (1964). "Church and State Relations: The Changes Wrought by Constantine".;Journal of the American Academy of Religion.;XXXII: 1–7.;doi:10.1093/jaarel/XXXII.1.1.